株式会社Re-al
 
Scroll
NEWS
2019/10/24CEATEC2019への出展について、各種メディアに記事掲載いただきました。

VISION

我々のビジョン

遠隔地でも
「行為主体性」をもった体験を

人間は自分の存在する場所や肉体的・社会的状況などに縛られて活動しています。
それらを開放する手段として、各種メディアやバーチャル等によって
活動イメージを創作して疑似体験することが行われてきました。

私たちRe-alは、得意分野である「触覚技術」を活用し、遠隔地での行為を行っているのは自分であると感じさせる
「行為主体感覚」をどのように実現すべきかに取り組んできました。

主軸事業である「Avatar Fishing」では、海上での「釣り」を臨場感損なうことなく遠隔化し、
遠隔地からリアルタイムで体験できる装置の開発を行っています。

このシステムを展開することで、体力の衰えや肉体的ハンディキャップのある方でも、それを克服して
アクティビティを楽しむことや、シミュレーションと組み合わせて
より簡便に臨場感のある体験を楽しむことが可能となります。

すでに触覚だけでなく、画像や音声など五感と連携させた体験についてのノウハウを習得しつつあり、
「Avatar Fishing」を筆頭に、今後、他分野への事業展開を進めてまいります。

SERVICE

サービス

AVATAR FISHING

リアルハプティクス技術を用いた「Avatar Fishing」により、釣りの臨場感をどこでも再現します。
釣りをしている時の釣具の振動や、魚に引っ張られる感覚を遠隔でリアルタイムに体感することができ、釣り場に行くことなく釣りを楽しむことができます。
このシステムにより、釣り上げた魚を実際に食べることや、体力の衰えや肉体的ハンディキャップのある方でも、それを克服してアクティビティを楽しむことが可能となります。

リアルハプティクス技術についてはこちら パートナー企業 | ANAホールディングス株式会社(avatar-in)

COMPANY

会社概要

会社名
株式会社Re-al / Re-al, Co., Ltd.
創立
2018年2月9日
役員
代表取締役社長 新明 脩平
取締役副社長 原 知裕
社外取締役 永島 晃
資本金
500万円
所在地
〒212-0032
神奈川県川崎市幸区新川崎7-1新川崎タウンキャンパスI棟205
事業内容
力触覚技術を活用したロボティクス事業(企画、開発、コンサルティング)
沿革
2018年2月9日 合同会社Re-alを設立
2019年10月7日 株式会社Re-alに組織変更

CONTACT

ご質問・コラボレーションの依頼など
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Copyright ©︎ 2019 Re-al All Rights Reserved.